FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新緑の庭坂大カーブ

庭坂の大カーブ、廻りの田んぼに水が張られたかな?
と思い立ち寄ってみましたが、張り始めって所でした。
下り山形新幹線がやってきました。
t20190507_9885.jpg
田んぼ全部に水が入りると違うんだろうけど
t20190507_9891.jpg
青空の下ならいいっか!?
t20190507_9898.jpg
線路の際まで登って見下ろしてみると、1本だけ遅咲きの八重桜が存在感を示しています。
t20190507_9902.jpg
桜を入れてパチリ。
t20190507_9910.jpg
残念なことに吾妻山の噴火警戒レベルがまた上がってしまいました。
t20190507_9914.jpg
5月7日のことでした。
スポンサーサイト

信夫山からの俯瞰

カメラを新しくしてから、信夫山の烏ヶ崎展望デッキから撮っていないと思い出かけてみました。
以前のカメラでは一番広角だった18mm
t20190504_9804.jpg
今回購入した広角レンズの10mm
t20190504_9814.jpg
福島駅新幹線ホームから、吾妻山などまで撮れるんですね!
t20190504_9813.jpg
レンズを交換して望遠で吾妻山
t20190504_9805.jpg
安達太良山も綺麗でした。
t20190504_9806.jpg
東北新幹線のE5系車両と東北本線の普通列車も確保
t20190504_9810.jpg
場所を変えて湯殿山神社のウラから北側を。
自分の目で見える範囲に近くなるのかな?
t20190504_9817.jpg
青空の下で撮る写真は気持ちいいです。

常磐線をウロウロ

4月27日、浪江花火を見る前に常磐線をウロウロしたのでアップしておきます。

この日一番南まで行ったのが『末続(すえつぎ)駅』、ここからいわき市になります。
木造の駅舎です。
t20190427_9593.jpg
ホームから海が見えます。震災後は防潮堤が出来たので見えずらくなったようです。
t20190427_9597.jpg
無人駅ですが駅舎もホームも綺麗に整備されていました。
t20190427_9600.jpg
ホームから見た駅舎、沢山の花が飾ってありました。
t20190427_9602.jpg

Jヴィレッジ駅~木戸駅間で普通列車を、奥は太平洋です。
t20190427_9614.jpg

2014年に竜田駅~広野駅が再開した時から3年間ほど、代行バスの出発駅となった竜田駅を出発する上り普通列車。
t20190427_9618.jpg
いわき方面
t20190427_9621.jpg

現在不通区間の富岡駅~浪江駅間にある夜ノ森駅
2020年3月までには再開する予定。
t20190427_9624.jpg
旧夜ノ森駅は解体されており、橋上駅が新設されるそうですが、間に合うのかな?
t20190427-P4271463.jpg
夜ノ森駅南側から仙台方面を撮影しています。
常磐線の左側は立入制限が解除されていますが、右側は以前として立ち入りが制限されています。
t20190427_9625.jpg
いわき・上野方面です。
t20190427_9626.jpg
夜ノ森と言ったら桜が有名ですが、今年は桜の時期に来ることが出来ませんでした。
残念ながら葉桜です。
t20190427_9627.jpg
ゲートから先に駅があります。
t20190427_9628.jpg

浪江駅の仙台寄りにある請戸川鉄橋近くから
t20190427_9636.jpg
分断されている浪江駅より北では交流電車が、富岡駅より南では交流直流両用電車が充当されているんですね。
t20190427_9638.jpg
常磐線をこんなに撮影したのは震災後始めてです。

Jヴィレッジ駅

Jビレッジは1997年に開設されたスポーツ施設、日本サッカー界初のナショナルトレーニングセンターです。
福島県浜通り南部の広野町から楢葉町にまたがって立地されています。
t20190427_9592.jpg
全11面の天然芝ピッチを備え、サッカー日本代表の合宿などに利用されていました。
日本サッカー協会や福島県、東京電力などの出資で設立されたSこともあり、福一の事故以降は原発事故対応の拠点として利用されていました。
2018年7月からはトレーニング施設として一部再開され、今年4月20日に全面再開しました。

常磐線の駅から離れていることもあり、Jヴィレッジにはバスか自家用車を利用するしかなかったことから、新駅設置の要望を受けたJR東日本が駅設置を決定、Jヴィレッジの全面再開に合わせて4月20日開業されました。
イベントなどに合わせて停車する臨時駅扱いだそうです。
t20190427_9585.jpg
駅舎はプレハブハウスなのは仕方ないですね。
t20190427_9586.jpg
駅舎からいわき方面を見たホームです。
反対側、仙台方面に上下線別にトンネルがあるため、上下線の間に空間がありそこにホームを造ったそうです。
t20190427_9587.jpg
駅舎から一番近いJヴィレッジ入口まで200mもない場所で、今後は便利になることでしょう。
t20190427_9588.jpg

震災や原発事故の影響で休業していた、Jヴィレッジの近くにある『道の駅ならは』も一部再開したとのことで立ち寄ってみました。
t20190427_1024.jpg
レストランも再開したようなので、この日のランチはコレ。
t20190427_1023.jpg

なお、2020東京オリンピックの聖火リレーの出発地は『Jヴィレッジ』の予定だそうです。

JR東日本651系電車 by 富岡駅

かつて常磐線の特急列車スーパーひたちで運用されていたJR東日本の651系電車。
現在は高崎線の特急『草津』などで使用されていますが、常磐線いわき駅~富岡駅間で普通列車として運用されているので、浪江の花火を見ながら立ち寄ってみました。
現在の常磐線は富岡駅~浪江駅間が原発事故の影響で普通となっていますので、普通列車は基本的に富岡駅~いわき駅間で折り返し運転がされています。
t20190427_9581.jpg
富岡駅前からは浪江駅までの代行バスが運転されています。
t20190427_9580.jpg
入場券を購入してホームに入ります。
いわき・上野方面です。奥に見える煙突は東京電力福島第2原発の排気塔です。
t20190427_9544.jpg
右側から1番線・2番線・3番線となりますが、1番線はバラストも無い状態なので、今後も使う予定が無いのかな?
t20190427_9541.jpg
現在は不通となっている仙台方面。
2020年3月までには全線が再開通する予定だそうです。
t20190427_9537.jpg
3番線に停車中の651系電車。
この写真だけを見ると特急列車が停まっているように見えますね。
t20190427_9538.jpg
K205編成
t20190427_9535.jpg
しっかりと『普通』表示です。
t20190427_9534.jpg
先頭車両の上は、工事中の陸橋(中間貯蔵施設へ荷物を運ぶための道路)。
t20190427_9540.jpg
定時にいわきに向って出発!
t20190427_9558.jpg
線路より海側は未だに工事中です。
t20190427_9562.jpg
折角なのでヘッドマークも表示してくれないかな(笑)。
t20190427_9577.jpg
富岡駅はこんな所にあります。
map20190427a.jpg
この日、常磐線沿線をウロウロしたので、もう少し続きます。

FC2カウンター

プロフィール

しゅうちゃん

Author:しゅうちゃん
定年退職後、夫婦2人で旅行や花火観覧を楽しんでいるおじさんです。
住まいの近くにある信夫山(しのぶやま)から名前をもらい、『信夫(しのぶ)の郷にて』と名付けました。
日々の日記は、リンク先『信夫の郷にて(本館)』でアップしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。