信夫の郷にて(花火別館)

花火観覧記を中心にアップしたいと思います

思い出の花火(5)

大曲の花火は競技大会です。
  大会名 : 第86回全国花火競技大会(大曲の花火)
  撮影日 : 2012年8月25日
  場所  : 秋田県大仙市 雄物川河川敷

特に10号玉の部で打ち上げられる「芯入り割物花火」は写真で見ると、日本の花火師さんの技術の高さを感じられます。
t20120825_1249.jpg

1㎞以上におよぶ桟敷席とどこまでも続く露天。この日は花火の右上に月が出ていました。
2013年某花火大会で発生した露天爆発事故の影響で、現在は火器を使う露天は桟敷席の両側に移ったので、このような風景写真は撮れなくなっています。
t20120825_1284.jpg
  1. 2017/04/06(木) 21:29:27|
  2. 花火(秋田県)
  3. | コメント:0

思い出の花火(4)

今回は、私が花火にハマるきっかけとなった『大曲の花火(全国花火競技大会)』の紹介です。
2005年に初めて大曲の花火を見てから、ほぼ毎年のように訪ねています。
今回は、唯一『大曲の花火』でのみ開催されている昼花火の競技大会から一枚。
  大会名 : 第86回全国花火競技大会(大曲の花火)
  撮影日 : 2012年8月25日
  場所  : 秋田県大仙市 雄物川河川敷

t20120825_1153.jpg
昼花火にも色々な種類があり、毎年楽しんでいます。

2010年から始まった『昼花火のスターマイン』、この年はデジイチの動画撮影機能で撮影していました。

  1. 2017/03/26(日) 22:39:19|
  2. 花火(秋田県)
  3. | コメント:2

偕楽園 夜梅祭2017 キャンドル

日中より人出が多いくらいでした。
三脚を立てて写真を撮るのが難しい場所が多かったので、基本的に手持ち撮影。
ブレブレの写真もありますので、ご了承ください。
t20170311_9033.jpg
▼この写真の奥に花火が上がるので、打上1時間前でもすでに三脚が林立、隙間から手持ちで撮影してみました。
t20170311_9035.jpg
▼やっと三脚を立てられる場所を確保して撮ってみましたが、夜景は難しい。
t20170311_9042.jpg
t20170311_9045.jpg
日中に確認した花火打上場所が見える場所に三脚を置いて打上開始を待ちます。
まだ時間があるので園内を散策しますが、三脚で場所取りしているので手持ちでの撮影になります。
t20170311_9055.jpg
t20170311_9054.jpg
この時期花火が見れるだけでも有難いことです。
t20170311_9070.jpg
21時偕楽園を後にして駐車場へ
水戸市内を脱出するのに時間がかかりましたが、22時過ぎにひたち南太田ICから高速へ、0時過ぎに帰宅しました。

お帰りは、こちら『信夫の郷にて(本館)』
  1. 2017/03/13(月) 17:42:34|
  2. 花火(茨城県)
  3. | コメント:0

偕楽園 夜梅祭2017 夜梅花火編

茨城県水戸市にある偕楽園で開催されている梅祭り
3月11日は、夜に偕楽園を開放して梅林のライトアップ、キャンドルライト、提灯飾り、花火の打ち上げなどを行う「夜梅祭」が開催されました。
花火の打ち上げは、地元で日本トップクラスの野村花火工業さんが担当。
打上は20時40分からと夜梅祭の最後のイベントなので日帰りでは厳しかったですが、野村花火を見たかったので行っちゃいました。
t20170311_9062.jpg
t20170311_9066.jpg
さすが野村さん一発一発のクオリティが高いです。
t20170311_9081.jpg
t20170311_9083.jpg
t20170311_9084.jpg
t20170311_9088.jpg

打上は4号単発が20発の後、最後にスターマインで〆る、打上時間10分弱の花火でしたが、野村さんらしい花火を見ることが出来て満足でした。

お帰りには、こちら『信夫の郷にて(本館)』
  1. 2017/03/12(日) 18:44:42|
  2. 花火(茨城県)
  3. | コメント:2

東日本大震災七回忌 鎮魂の花火

全国曹洞宗青年会が開催した『東日本大震災七回忌 慰霊復興祈願のつどい』
今日3月10日、福島市内大森地区にある円通寺で開催されました。
法要のあと、「鎮魂の花火打上」があるとのことで、行ってみました。
予定では、17時過ぎからの打上でしたが、まだ明るくて実際に打上が始まったのは18時前でした。
それでも空が明るくて設定を悩んでしまいました。
t20170310_8955.jpg
寒かったです。
t20170310_8968.jpg
最後は錦冠の重ね打ちで決めてくれました。
打上時間10分程でしたが、近くで花火を見れて良かったです。
t20170310_8980.jpg
カメラを片づけて車を出発させようとしたら、みぞれが降ってきました。
涙雨ですかね。
(合掌)

お帰りには、「信夫の郷にて(本館)」にお立ちよりいただけたら、大変嬉しいです。
  1. 2017/03/10(金) 21:28:59|
  2. 花火(福島県内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

しゅうちゃん

Author:しゅうちゃん
定年退職後、夫婦2人で旅行や花火観覧を楽しんでいるおじさんです。
住まいの近くにある信夫山(しのぶやま)から名前をもらい、『信夫(しのぶ)の郷にて』と名付けました。
日々の日記は、リンク先『信夫の郷にて(本館)』でアップしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
花火(一般) (4)
花火(福島県内) (5)
花火(茨城県) (2)
花火(秋田県) (2)
花見山 (1)
鉄道 (1)
桜 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター